Python Languageタイプヒント


構文

  • typing.Callable [[int、str]、None] - > def func(a:int、b:str) - >なし
  • マッピング[str、int] - > {"a":1、 "b":2、 "c":3}
  • typing.List [int] - > [1、2、3]
  • typing.Set [int] - > {1,2,3}
  • typing.Optional [int] - >なしまたはint
  • シーケンス[int] - > [1,2,3]または(1,2,3)を入力します。
  • typing.Any - >任意の型
  • typing.Union [int、str] - > 1または "1"
  • T = typing.TypeVar( 'T') - >汎用型

備考

タイプヒントは、 PEP 484で指定されているように、Pythonコードの値の型を静的に示す正式なソリューションです。タイプヒントは、 typingモジュールの横に表示されることにより、Pythonユーザにコードに注釈を付ける機能を提供し、タイプチェッカーを支援しながら、間接的にコードに詳細情報を記述します。

タイプヒント 関連する例