C# LanguageC#言語を使い始める

備考

C#は、マルチパラダイムのMicrosoftのC子孫プログラミング言語です。 C#は、Windows、Mac OS XおよびLinux上で実行可能な中間バイトコードであるCILにコンパイルされた管理言語です。

バージョン1.0,2.0,5.0はECMA( ECMA-334として)によって標準化され、現代のC#の標準化活動が進行中である。

バージョン

バージョン発売日
1.0 2002-01-01
1.2 2003-04-01
2.0 2005-09-01
3.0 2007-08-01
4.0 2010-04-01
5.0 2013-06-01
6.0 2015-07-01
7.0 2017-03-07

新しいコンソールアプリケーションを作成する(Visual Studio)

  1. Visual Studioを開く
  2. ツールバーの[ファイル][ 新規プロジェクト]
  3. コンソールアプリケーションのプロジェクトタイプを選択します。
  4. ソリューションエクスプローラでProgram.cs ファイルを開きます。
  5. Main() 次のコードを追加します。
public class Program
{
    public static void Main()
    {
        // Prints a message to the console.
        System.Console.WriteLine("Hello, World!");

        /* Wait for the user to press a key. This is a common
           way to prevent the console window from terminating
           and disappearing before the programmer can see the contents
           of the window, when the application is run via Start from within VS. */
        System.Console.ReadKey();
    }
}
 
  1. ツールバーで、[ デバッグ ] - > [デバッグ開始 ]をクリックするか、 F5キーまたはCtrl + F5キー (デバッガなしで実行)を押してプログラムを実行します。

理想のライブデモ


説明

  • class Program はクラス宣言です。クラスProgram は、 Program が使用するデータとメソッドの定義が含まれています。クラスには通常、複数のメソッドが含まれています。メソッドは、クラスの動作を定義します。ただし、 Program クラスにはMain メソッドしかありません。

  • static void Main() はすべてのC#プログラムのエントリポイントであるMain メソッドを定義します。 Main メソッドは、クラスの実行時の動作を記述します。クラスごとに1つのMain メソッドしか許されません。

  • System.Console.WriteLine("Hello, world!"); メソッドは、コンソールウィンドウの出力として、与えられたデータ(この例ではHello, world! )を出力します。

  • System.Console.ReadKey() は、メッセージを表示した直後にプログラムが終了しないようにします。これは、ユーザーがキーボードのキーを押すのを待つことによって行います。ユーザーからのキーを押すとプログラムが終了します。 main() メソッドの最後のコード行が終了すると、プログラムは終了します。


コマンドラインの使用

コマンドラインでコンパイルするには、 MSビルドツールパッケージの両方のMSBuild またはcsc.exe (C#コンパイラ)を使用します。

この例をコンパイルするには、 HelloWorld.cs があるディレクトリと同じディレクトリで次のコマンドを実行します。

%WINDIR%\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\csc.exe HelloWorld.cs
 

また、1つのアプリケーション内に2つの主要なメソッドがある可能性もあります。この場合、 コンソールに次のコマンドを入力して実行するメインメソッドをコンパイラに伝える必要があります(クラスClassA もHelloWorld名前空間の同じHelloWorld.cs ファイルにmainメソッドがあるとします)

%WINDIR%\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\csc.exe HelloWorld.cs /main:HelloWorld.ClassA 
 

HelloWorldは名前空間です

:これは、 .NETフレームワークv4.0が一般的に存在するパスです。 .NETバージョンに従ってパスを変更します。また、32ビット.NET Frameworkを使用している場合は、 framework64ではなくディレクトリがフレームワークになる可能性があります。 Windowsコマンドプロンプトから、次のコマンド(32ビットフレームワークの最初のコマンド)を実行して、csc.exeのすべてのフレームワークパスを一覧表示できます。

dir %WINDIR%\Microsoft.NET\Framework\csc.exe /s/b
dir %WINDIR%\Microsoft.NET\Framework64\csc.exe /s/b
 

.csファイルのコンパイル

HelloWorld.exe という名前の実行可能ファイルが同じディレクトリに存在するはずです。コマンドプロンプトからプログラムを実行するには、単に実行可能ファイルの名前を入力し 、次のようにEnterキーを押します。

HelloWorld.exe
 

これにより、

こんにちは世界!

コンソールでexeファイルを実行する

また、実行可能ファイルをダブルクリックし、 " Hello、world! "というメッセージが表示された新しいコンソールウィンドウを起動することもできます

実行可能ファイルの実行とダブルクリックの使用

.NETコアを使用して新しいプログラムを作成する

最初に、選択したプラットフォームのインストール手順を実行して、 .NET Core SDKをインストールします

インストールが完了したら、コマンドプロンプトまたはターミナルウィンドウを開きます。

  1. mkdir hello_world を使用して新しいディレクトリを作成し、 mkdir hello_world を使用して新しく作成したディレクトリに変更しcd hello_world

  2. dotnet new console new consoleを使用して新しいコンソールアプリケーションを作成します。
    これは2つのファイルを生成します:

    • hello_world.csproj

      <Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">
      
        <PropertyGroup>
          <OutputType>Exe</OutputType>
          <TargetFramework>netcoreapp1.1</TargetFramework>
        </PropertyGroup>
      
      </Project>
       
    • Program.cs

      using System;
      
      namespace hello_world
      {
          class Program
          {
              static void Main(string[] args)
              {
                  Console.WriteLine("Hello World!");
              }
          }
      }
       
  3. dotnet restore して必要なパッケージをdotnet restore ます。

  4. オプションでアプリケーションをビルドdotnet build 、デバッグ用またはdotnet build -c Release リリースのために。 dotnet run はコンパイラを実行し、ビルドエラーがあればそれをスローします。

  5. デバッグまたはdotnet run .\bin\Release\netcoreapp1.1\hello_world.dll dotnet run ためにdotnet run .\bin\Release\netcoreapp1.1\hello_world.dll 実行してアプリケーションを実行しますdotnet run .\bin\Release\netcoreapp1.1\hello_world.dll for Release。


コマンドプロンプト出力

ここに画像の説明を入力

Monoを使って新しいプログラムを作成する

最初に、 インストールセクションで説明したように、選択したプラットフォームのインストール手順を実行して、 Monoをインストールします

MonoはMac OS X、Windows、Linuxで使用できます。

インストールが完了したら、テキストファイルを作成し、 HelloWorld.cs という名前を付けて次の内容をコピーします。

public class Program
{
    public static void Main()
    {
        System.Console.WriteLine("Hello, world!");
        System.Console.WriteLine("Press any key to exit..");
        System.Console.Read();
    }
}
 

Windowsを使用している場合は、Monoインストールに含まれているMonoコマンドプロンプトを実行し、必要な環境変数が設定されていることを確認します。 MacまたはLinuxの場合は、新しい端末を開きます。

新しく作成したファイルをコンパイルするには、 HelloWorld.cs を含むディレクトリで次のコマンドを実行します。

mcs -out:HelloWorld.exe HelloWorld.cs
 

作成されたHelloWorld.exe は、次のHelloWorld.exe で実行できます。

mono HelloWorld.exe
 

これは出力を生成します:

Hello, world!   
Press any key to exit..
 

Visual Studio(コンソールアプリケーション)で新しいプロジェクトを作成し、デバッグモードで実行する

  1. Visual Studioをダウンロードしてインストールします。 Visual StudioはVisualStudio.comからダウンロードできます 。 Community Editionは、最初は無料であることが示唆されています.2番目の一般的な機能が含まれており、さらに拡張することができるためです。

  2. Visual Studioを開きます。

  3. ようこそ。 ファイル→ 新規 →プロジェクトに進みます。 Microsoft Visual Studio  - ファイルメニュー

  4. テンプレートVisual C#コンソールアプリケーションをクリックします。

    Microsoft Visual Studio  - 新規プロジェクトウィンドウ

  5. コンソールアプリケーションを選択した後 、プロジェクトの名前と保存する場所を入力し、 OKを押します。解決方法の名前を心配しないでください。

  6. プロジェクトが作成されました 。新しく作成されたプロジェクトは、次のようになります。

    Microsoft Visual Studio  -  C#デフォルトプロジェクト

    (他のプロジェクトと簡単に区別できるように、プロジェクトにはわかりやすい名前を使用してください。プロジェクト名やクラス名にはスペースを使用しないことをお勧めします)。

  7. コードを書く。 Program.cs を更新して「Hello world!」を表示できるようになりました。ユーザに提供する。

    using System;
    
    namespace ConsoleApplication1
    {
        public class Program
        {
            public static void Main(string[] args)
            {
            }
        }
    }
     

    Program.cspublic static void Main(string[] args) オブジェクトに次の2行を追加します(中括弧の中にあることを確認してください)

    Console.WriteLine("Hello world!");
    Console.Read();
     

    なぜ Console.Read() ですか?最初の行は "Hello world!"というテキストを出力します。 2行目は1文字が入力されるのを待ちます。実際には、プログラムの実行を一時停止し、デバッグ中に出力を見ることができます。 Console.Read(); なしでConsole.Read(); アプリケーションのデバッグを開始すると、単に「Hello world!」と表示されます。コンソールに接続し、すぐに閉じます。コードウィンドウは次のようになります。

    using System;
    
    namespace ConsoleApplication1
    {
        public class Program
        {
            public static void Main(string[] args)
            {
                Console.WriteLine("Hello world!");
                Console.Read();
            }
        }
    }
     
  8. プログラムをデバッグします。ウィンドウの上部にあるツールバーのスタートボタンを押しますデバッグ開始ボタンキーボードでF5キーを押してアプリケーションを実行します。ボタンがない場合は、トップメニューからデバッグ→デバッグの開始を選択してプログラムを実行できます。プログラムはコンパイルしてコンソールウィンドウを開きます。次のスクリーンショットのように表示されます。

Hello Worldアプリケーションを実行するコンソール

  1. プログラムを停止します。プログラムを閉じるには、キーボードの任意のキーを押してください。我々が追加したConsole.Read() は、この同じ目的のためのものでした。プログラムを閉じるもう1つの方法は、 スタートボタンがあったメニューに行き、 停止ボタンをクリックすることです。

Xamarin Studioを使用して新しいプロジェクトを作成する

  1. Xamarin Studio Communityをダウンロードしてインストールします。
  2. Xamarin Studioを開きます。
  3. ファイル」「新規」 →「 ソリューション」をクリックします

Xamarin Studioで新規プロジェクトを作成する

  1. .NETConsole Projectをクリックし、 C#を選択します。
  2. [ 次へ]をクリックして続行します

新しいプロジェクトのテンプレートを選択する

  1. プロジェクト名を入力し、保存する場所...ブラウズし、[ 作成 ]をクリックします。

プロジェクト名と場所

  1. 新しく作成されたプロジェクトは、次のようになります。

ここに画像の説明を入力

  1. これはテキストエディタのコードです:
using System;

namespace FirstCsharp
{
    public class MainClass
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World!");
            Console.ReadLine();
        }
    }
}
 
  1. コードを実行するには、次のようにF5キーを押すか、 再生ボタンをクリックします。

コードを実行する

  1. 以下はアウトプットです:

出力

LinqPadを使用して新しいクエリを作成する

LinqPadは、.Net言語の機能(C#、F#、VB.Net)を学びテストすることができる素晴らしいツールです。

  1. LinqPadをインストールする

  2. 新しいクエリを作成する( Ctrl + Nここに画像の説明を入力

  3. 言語の下で、「C#ステートメント」を選択します。 ここに画像の説明を入力

  4. 次のコードを入力し、実行( F5 )を押します。

    string hw = "Hello World";
    
    hw.Dump(); //or Console.WriteLine(hw);
     

ここに画像の説明を入力

  1. 結果画面に「Hello World」と表示されます。 ここに画像の説明を入力
  2. 最初の.Netプログラムを作成したので、LinqPadに含まれているサンプルを "Samples"ブラウザでチェックアウトしてください。 .Net言語のさまざまな機能を示す素晴らしい例がたくさんあります。 ここに画像の説明を入力

ノート:

  1. "IL"をクリックすると、.netコードが生成するILコードを調べることができます。これは素晴らしい学習ツールです。 ここに画像の説明を入力
  2. LINQ to SQL またはLinq to Entities を使用すると、生成されているSQLを検査することができます。これは、LINQについて学ぶもう1つの優れた方法です。