Looking for node.js Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for node.js Keywords? Try Ask4Keywords

Node.jsasync.js


構文

  • 各コールバックは、次の構文で記述する必要があります。

  • 関数コールバック(err、result [、arg1 [、...]])

  • この方法では、まずエラーを返すように強制され、後でエラーを処理することは無視できません。 nullはエラーがない場合の規約です

  • コールバック(null、myResult);

  • あなたのコールバックはerrresultよりも多くの引数を含むことができますが、特定の関数群(waterfall、seq、...)

  • コールバック(null、myResult、myCustomArgument);

  • もちろん、エラーを送信します。あなたはそれをしなければならず、エラーを処理しなければなりません。

  • コールバック(エラー);

async.js 関連する例