Python Language"pip"モジュールの使い方:PyPI Package Manager


前書き

Pythonの中でpipパッケージマネージャを使う必要があるかもしれません。一部のインポートでImportErrorが発生し、その例外を処理したい場合。 WindowsでPython_root/Scripts/pip.exeを展開すると、 pipパッケージのmainクラスがインポートされる__main__.pyファイルが格納されます。つまり、pip実行可能ファイルを使用するたびにpipパッケージが使用されます。実行可能ファイルとしてpipを使用するには、pip :PyPI Package Managerを参照してください。

構文

  • pip。<function | attribute | class> functionは次のいずれかです。
    • オートコンプリート()
      • メインオプションパーサー(およびオプション)とそのサブコマンド(およびオプション)のコマンドとオプションの補完。完了シェルスクリプト(bash、zsh、fish)のいずれかをソースとして有効にします。
    • check_isolated(args)
      • param args {list}
      • returns {boolean}
    • create_main_parser()
      • 戻り値{pip.baseparser.ConfigOptionParserオブジェクト}
    • main(args = None)
      • param args {list}
      • returns {integer}失敗しなかった場合は0を返します。
    • parseopts(args)
      • param args {list}
    • get_installed_distributions()
      • {list}を返す
    • get_similar_commands(name)
      • コマンド名は自動修正されます。
      • パラメータ名{string}
      • returns {boolean}
    • get_summaries(ordered = True)
      • ソートされた(コマンド名、コマンド要約)タプルを出力します。
    • get_prog()
      • {string}を返します。
    • dist_is_editable(dist)
      • ディストリビューションは編集可能なインストールですか?
      • param dist {object}
      • returns {boolean}
    • commands_dict
      • 属性{辞書}

"pip"モジュールの使い方:PyPI Package Manager 関連する例