C++末尾の戻り値の型


構文

  • function_name ([ function_args ])[ function_attributes ] [ function_qualifiers ] -> trailing-return-type [ requires_clause ]

備考

上の構文は、関数の宣言のオプション部分を示す角括弧(引数なしの関数の場合は引数リストのように)を使用して、末尾型を使用した完全な関数宣言を示しています。

さらに、末尾の戻り値の型の構文は、後続の戻り値の型の中でクラス、共用体、または列挙型を定義することを禁じます(先頭の戻り値の型では許可されません)。それ以外の場合は、 ->後に同じように型を綴ることができます。

末尾の戻り値の型 関連する例