Looking for android Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for android Keywords? Try Ask4Keywords

AndroidGoogle Awareness APIs


備考

Snapshot APIは現在の状態を要求するのに使用され、 Fence APIは指定された状態を継続的にチェックし、アプリケーションが実行されていないときにコールバックを送信することを忘れないでください。

全体として、Snapshot APIまたはFence APIを使用するための基本的な手順がいくつかあります。

  • Google Developers ConsoleからAPIキーを取得する

  • マニフェストに必要な権限とAPIキーを追加する:

     <!-- Not required for getting current headphone state -->
     <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION"/>
     <!-- Only required for actvity recognition -->
     <uses-permission android:name="com.google.android.gms.permission.ACTIVITY_RECOGNITION"/>
    
     <!-- Replace with your actual API key from console -->
     <meta-data android:name="com.google.android.awareness.API_KEY"
                android:value="YOUR_API_KEY"/>
    
     <!-- Required for Snapshot API only -->
     <meta-data android:name="com.google.android.geo.API_KEY"
                android:value="YOUR_API_KEY"/> 
    
  • できればアクティビティのonCreate()メソッドでGoogleApiClientどこかでGoogleApiClientしてください。

     GoogleApiClient client = new GoogleApiClient.Builder(context)
         .addApi(Awareness.API)
         .build();
     client.connect();
    
  • あなたの選択したAPIを呼び出す

  • 解析結果

必要なユーザー権限を確認する簡単な方法は、次のような方法です。

private boolean isFineLocationGranted() {
    if (ActivityCompat.checkSelfPermission(context, Manifest.permission.ACCESS_FINE_LOCATION)
                != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
        Log.e(getClass().getSimpleName(), "Fine location permission not granted!");
    }
}

Google Awareness APIs 関連する例