Looking for android Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for android Keywords? Try Ask4Keywords

AndroidUIテストの作成 - Android


前書き

このドキュメントの目的は、アンドロイドのUIと統合テストを書く方法と目標を表現することです。 エスプレッソとUIAutomatorはGoogleによって提供されるので、これらのツールとそれぞれのラッパー(例:Appium、Spoonなど)に焦点を当てる必要があります。

構文

  • アイドリングリソース
  • String getName() - アイドル状態のリソースの名前を返します(ロギングおよび登録の冪等に使用されます)。
  • boolean isIdleNow() - リソースが現在アイドル状態の場合にtrueを返します。
  • void registerIdleTransitionCallback(IdlingResource.ResourceCallback callback) - 指定されたIdlingResource.ResourceCallbackをリソースに登録します。

備考

JUnitのルール:

MockWebServerの例とActivityTestRuleで見ることができるように、これらはすべてJUnitルールのカテゴリに分類されます。これらのルールは、自分自身で作成し、その動作を定義するテストごとに実行する必要があります。@see: https : //github.com/junit-team/junit4/ウィキ/ルール

アピウム

パラメーター

ドキュメントのバグが解決されるまで、パラメータにはいくつか問題があります。

パラメータ詳細
クラスactivityClass 開始するアクティビティ
initialTouchMode 開始時にアクティビティをタッチモードにする必要があります: https : //android-developers.blogspot.de/2008/12/touch-mode.html
launchActivity アクティビティをテストメソッドごとに1回起動する必要がある場合はtrue。最初のBeforeメソッドの前に起動され、最後のAfterメソッドの後に終了します。

UIテストの作成 - Android 関連する例